フリンダース大学留学帰国レポート

フリンダース大学【2014年度後期帰国】私費

レポート作成S.T

私は南オーストラリア州のアデレードという町にあるフリンダース大学に1年間留学していました。

アデレードの気候

アデレードは日本のように四季があり、冬は日本より少し暖かく夏は非常に暑く乾燥しています。なので過ごしやすい気候ではあります。年によって多少の違いはありますが、基本的に40度を超える日が多いです。オーストラリアと日本は季節が真逆なので私たち日本人にとっては今までと違った1年を過ごすことができると思います。特に私が楽しいと感じたことは、クリスマスとお正月です。オーストラリアの12月後半から月は夏真っ只中なので、サンタクロースがサーフィンをしていたり年越しはビーチで花火をみたりします。

 

フリンダース大学

フリンダース大学付属の語学学校はメインキャンパスから徒歩10分ほどのところにあります。しかし、看護学部と校舎が同じなので現地の学生と触れ合う機会はたくさんあります。コースは3つ(General English, Business English, Academic English)に分かれており、授業はCommunication, Reading&Writing, Listeningの3つに分かれています。授業ごとにコースを選べるところが良いポイントだと思います。また1セッションが5週間でセッションごとにコース変更も可能なので幅広い知識をつけることができます。様々な国から英語を学びたいと強い意志をもって留学に来ている人が集まっているので、勉強しやすい環境ができています。コロンビアやサウジアラビアからの留学生が特に多く、時期によっては日本人、ブラジル人がたくさんいました。団体で来ている人が少ないためすぐに友達になることができます。もちろん積極的に話しかけることは大切です!私も最初は緊張したり自分の英語力に自信がなくてなかなか話せませんでしたが、クラスの子はみんな同じぐらいのレベルなのでどんどん発言するように心がけました。

 

ホームステイについて

私は1年間同じホストファミリーと過ごしました。朝ご飯は家にあるものを使って自分で用意していました。お昼ご飯は自分でサンドイッチを作ったり夜ご飯の残りを持っていくようにしていました。夜ご飯はホストマザーが作ってくれたものを家族みんなで食べていました。買い物や親戚との集まり、旅行にも連れて行ってくれて本当によくしてくれました。悩み事があるときはいつも聞いてくれて素晴らしアドバイスをしてもらい、楽しいオーストラリア生活を送れたのはホストファミリーのおかげです。ホストファミリーと相性が合わず悩む子もたくさんいますが、そういう時は溜め込まずホストコーディネーターに相談することをおすすめします。

 

留学は楽しいことばかりではなく、辛いことや大変なことなど困難もたくさんありました。しかし、人生で1番たくさんのことを経験し成長した1年だったと自信を持って言える留学でした。迷っている方には是非挑戦してほしいです!

 

IMG_2812 IMG_2025