フリンダース大学留学帰国レポート

フリンダース大学【2016年度後期帰国】私費

レポート作成N.A

IMG_6828

 

前半五ヶ月は大学付属の語学学校で勉強し、後半の五ヶ月はStuday Abroad コースで大学に通いました。

フリンダース大学では一定の英語レベルをクリアすれば、Study Abroad コースというもので他の大学生と変わらず授業を受けることができることが魅力でした。語学学校で一年間英語の勉強に没頭するのもいいと思いますが、現地の大学に半年通うのも楽しいと思います。両方を経験して、英語力の向上だけでなく、友達の輪も広がり結果的にそれまで知らなかったイベント等に参加したり、文化の違いを体感できたりしたので、Study Abroad コースを受けることをお勧めします。

 

住居について

私のホームステイ先には、コロンビアからの留学生がいました。彼女とは一緒に料理をしたり、お互いの国について話をしたりととても充実した時間を過ごしました。ハウスメイトも他国に興味がある人が多いと思うので、ハウスメイトがいるホームステイ先でなら、様々な文化を知れる機会がより多いのではないかと思います。その後、大学近くのシェアハウスに引っ越しました。シェアハウスは、大学のホームページか専門のウェブサイト、もしくは友達の紹介で見つけることができました。オーナーさんに連絡をすれば、見学もさせてもらえるので、自分に合った物件を見つけるためにも一度見学に行ったほうがいいと思います。

 

治安・衛生について

アデレードはとても安全な場所でした。夜行くと危言われている通りに行かなかったり夜遅くに一人で出歩かなかったりすれば、危険な目にあうことはなさそうでした。日本のように各お店にトイレがあるという状況ではなかったたため、困ることもありましたが、ごみ箱はそこらじゅうにおいてあるので、ごみが街に散らかっているということはなかったです。

 

10か月もオーストラリアで過ごしていたのに、本当にあっという間の留学でした。それは、多分毎日が刺激的で初めてのことばかりだったからだと思います。新しいことが次々と起こるので、慣れるまでは大変ですが、帰国して五ヶ月経った今でもオーストラリアでの生活を思い出すと心がワクワクします。これから留学する人も毎日が充実した日々になるように、いろんなことにチャレンジしてみてください。