フリンダース大学留学帰国レポート

フリンダース大学【2017年度前期帰国】私費

レポート作成T.M

   私はおよそ一年間、アデレードにあるフリンダース大学付属語学学校に留学していました。

   アデレードはオーストラリアで五番目に大きな都市で、五大都市のうちのひとつと呼ばれています。しかし、ほかの四都市と比べれば、中心地はコンパクトで、高い建物もありません。しかし、海へ行けば白い砂浜と美しい海で泳いだり釣りをしたりできますし、山へ行けば野生のカンガルーやコアラとの遭遇があったり本当に綺麗な夜景や天の川を見ることが出来ます。

   フリンダース大学はシティから少し離れた場所にあるので、とても静かです。勉強するのには絶好のロケーションですし、語学学校の施設だけでなく、大学のメインキャンパスの方も自由に利用できます。夜のシティ周辺以外は治安も良いですし、どこにでもバスが通っているので便利です。

 

   授業はReading&Writing, Listening, Communicationの三つに分かれていて、それぞれのレベルも自分に合わせたものになっています。

   私の場合ですと、最初はそれぞれ3A、3A、2Aのクラスでしたが、最終的には7B、7B、6Aにまで上がることが出来ました。一定数の成績をとると、一つ上のレベル(場合によっては二つ)に上がれます。クラス分けは初日のテストで決まりました。私は元々あまり英語、特に話すことに自信がなかったのですが、周りの生徒も自分と同じレベルの中で学べたので、安心して楽しく英語を勉強し続けられました。また、Speakingの成績が低いばかりに他のReading&Writingなどもレベルを落とされるハメになる、というようなこともないので、効率よく語学力を伸ばせます。

 

   今回の留学で、日本ではできない様々な経験をすることが出来ました。留学生活で得た経験と、語学力をこれからも活かしていきたいと思います。

 

   最後に、私が後悔していることは、留学前に単語を覚えて行かなかったことです。留学中、ひしひしと感じたのがボキャブラリー不足でした。単語を知っていれば多少文法がおかしくても相手に言いたいことを伝えられますし、逆に単語が分からなければ何も話すことができません。単語は日本で対策をとることが出来ますし、これから留学に行くという皆さんは、是非、単語の勉強をして行ってみてください。

 

 

 ▽ワイルドライフパークでワラビーへの餌やりをしているところです。カンガルーやワラビーが放し飼いにされていて、自由に触れ合うことが出来る観光スポットです。また、コアラを抱っこできます。

 ABC47E36-7304-468F-8EB4-C19078578461

 

 

▽繁華街や住宅街から少し離れた山へ行くと、裸眼で天の川を確認することができます。

BE972428-2531-4495-BA60-DAF4A9BB989F

 

▽学校近くのビーチの夕焼けです。

86585957-E05A-489B-8B96-4D65272935B4