リンカーン大学留学帰国レポート

リンカーン大学【2015年度後期帰国】私費

レポート作成I.M

私はニュージーランドへの留学を通して、英語力はもちろん他にもさまざまなことを学びました。まず、私が通っていたリンカーン大学は比較的小さく田舎の学校でしたが、パソコンや図書館などの設備はとても整っていました。授業を受けた語学学校は大半が中国人で、さらに日本人の団体も3ヶ月間留学していました。私は日本人が少ないという点に特に惹かれこの大学を選んだため、初めはこの状況にとても失望してしまいました。しかし先生方がとてもフレンドリーだったうえ少人数クラスだったため、アジア人ばかりの状況でも確実に英語力を向上させることができました。また、私は以前中国に対してあまり良いイメージをもっていませんでしたが、この留学で異文化を学んだり友達ができたりしたことで今までのイメージがただの偏見だったことにも気づき、もっとさまざまな国について知りたいと思うようになりました。そして、この留学での1番の宝物はホストファミリーとの出会いでした。私のホストファミリーは留学生を受け入れたことがなかったためファミリーも不安を抱えていたそうで、お互い打ち解けられたころには本当の家族のように接してくれました。クリスマスや年越しなどの行事にはパーティーを開いたりプレゼントをくれたり旅行に連れて行ってくれたりと、私の留学生活をとても濃いものにしてくれました。この出会いが、これからの私の英語学習の原動力にもなると感じています。ニュージーランドの人々は本当に暖かく、ここに留学に来てよかったと思わせてくれる人々ばかりでした。また、長期休暇には友達とさまざまな場所へ旅行に行きましたが、ニュージーランドの自然は今までに見たことがないような壮大さで驚きました。そして旅行の際に利用したバックパッカーでは他の国の人との交流もあり、出会いの広がりもあったため留学するなら本当に旅行はするべきだと思いました。私はこの留学を通して英語力についてや、異文化について、また自分自身についてなど沢山のことを考え悩んだことによって日本にいるときとはまた違う学びをたくさんしたなと感じています。穏やかで広大なニュージーランドでこのような経験ができて本当によかったです。image image く image image