オタゴ大学留学帰国レポート

オタゴ大学【2016年度後期帰国】私費

レポート作成M.M

2016年9月から2017年1月まで約半年間ニュージーランドのオタゴ大学付属語学学校へ語学留学しました。施設はオタゴ大学の側にあって、オタゴ大学を訪れることは可能でしたがほとんど行くことはありませんでした。

(null) (3)

まず始めに言えることは、行く前の期待をはるかに超えた幸せで楽しい留学生活だったということです。ホームステイ先は三世帯の温かい家族で、犬が2匹と猫が1匹飼われていました。ドイツ人のホームステイメイトとも仲良くなり、色々な所へ行きました。ホストファザーが料理上手で、レストランのようなごはんでした。家での決まり事も特になく、困ったときはいつでも助けてくれました。ホストは今でもたまにスカイプをするほど、大好きな私のニュージーランドの家族です。

IMG_2712

学校では、入学後にクラス分けテストがあり、Intermediateになりました。私はこの最初のクラスの時に唯一の日本人生徒でした。せっかく留学中なのに、日本人の生徒とつるんで日本語を話すことにならず、タイ人の親友ができたので、本当にラッキーだったと思います。1回目のExamでUpper-Intermediateになりました。このクラス替えによって、友達が増えて嬉しかったです。午前に90分の授業が3時間、お昼をはさんでIELTSの授業90分が1時間もしくは2時間が平日の主なスケジュールでした。なかなかハードでしたが、クラス後友達と買い物したり、レストランへ行ったり、家に集まるのを楽しみに、みんなで勉強しました。ほとんどの生徒が中国人、次に日本人が多かったのですが、タイ、タヒチ、ドイツ、オマーン、韓国、サウジアラビアの生徒がいました。母国語を教えあい、みんな英語以外も話せるようになりました。

in the school

この留学を通じて、支えてくれる人への感謝の気持ちを学びました。ここには書ききれないほどたくさんの素敵な思い出、写真があふれています。留学を検討している方は、絶対にいくべきです。