龍谷大学 国際学部国際文化学科 長期私費留学帰国レポート > オセアニアエリア > ワイカト大学 > ニュージーランドへの留学を経験して【2013年度後期帰国】

ワイカト大学留学帰国レポート

ニュージーランドへの留学を経験して【2013年度後期帰国】

レポート作成Y.I

<受講科目と授業>

General English 2013年9月9日~2013年9月27日

Academic English Level 3 2013年9月30 日~2013年12月13日

General English 2014年1月6日~2014年2月28日

<留学を終えての感想>

留学を終えて今感じているのは日本人にはいま圧倒的に英語に取り組む姿勢が足りていないということである。ほかのアジア諸国は日本と比べて英語を学ぶことに対してとても熱心であると感じた。もっと国は若者に対して留学を勧めるべきである。私は今回半年間ニュージーランドに留学したわけであるが、半年では全く時間が足りないと感じた。今回の留学を通してまた留学にいきたいと思えるようになり、正直あまり好きではなかった英語をさらに勉強したいと思えるようになった。たった半年ではあるがこの留学で得た人との接し方、異なる文化、習慣などをもとに次の世代にどれだけ留学が素晴らしく、今の若者に必要不可欠なものであるかを訴えるために、今後今回の留学経験を生かしていきたいと思った。

 

<後輩へのアドバイス>

留学して一番よかったと思えることは、やはり日本人以外の友人をたくさん作ることができたことである。そしてそのためには英語は不可欠であると感じさせられた。そして留学先には様々な国から来ている留学生がたくさんいるので、彼らからそれぞれの言語や文化を学ぶことにより日本では知ることができなかったこともたくさん知ることができた。このように留学経験は自分の視野を広げることができるので積極的に取り組むことを勧める。