ワイカト大学留学帰国レポート

帰国レポート Waikato University

レポート作成I.J

<受講科目と授業>

1.General English (Inter mediate level)

2. Academic English (Level4)

3. General English (Upper Intermediate level)

 

どちらのコースも始めにクラス分け語学テストを受け、その結果に合ったクラスになります。1.3のコースについては毎週月曜日始まりなこともあり、いろいろな年代の生徒やさまざまな国からの留学生が多く、よりインターナショナルな雰囲気で受けることができます。クラスの人数も10人~15人程度が通常ですが10人以下の時期もあり、アットホームな雰囲気もあります。特にスピーキングの力を伸ばすことができ、クラスによってはプレゼンを週単位でするクラスもあります。2のコースはワイカト大学を目指す人の為のコースなのでよりアカデミックな内容です。宿題は毎日、テストも定期的にあり特にエッセイの書き方などライティングに力を入れたコースです。このコースにいる時期が語学力が伸びたと実感できたと思います。どちらのコースの先生や留学生も明るくフレンドリーなので毎日楽しく授業を受けることができました。

 

<住居と生活>

・住居の種類: ホームステイ

・生活費(1ヶ月): ホームステイ代・・・60,000円

食費・・・10,000円

交通費・・・7000円

雑費・・・15,000円

上記は1ドル=70円で換算。留学先はニュージーランドだったので比較的物価は日本と同じか少し安いくらいでした。衛星状況も日本とほとんど変わりません。またホームステイによって違いはありますが、私のホームステイ先は3食食事を作ってくれていました。ワイカト大学のあるハミルトンは治安がよく、街の人も親切で陽気です。しかし夜の女性の一人歩きは危険なので注意してください。生活に慣れてくると友達とご飯を食べに行ったり、休日に遊びに行ったりしていたので雑費は少し高くなったと思います。

 

<留学を終えての感想>

半年間の留学でたくさんの大切な人々と出会い貴重な経験ができました。私はこの留学が始めての海外だったので不安と期待でいっぱいでした。不安もあり留学前は、半年間は長いな、3ヶ月や短期留学でも良かったかな、と思っていました。しかし留学を終えた今感受いることは半年間短かったな、ということです。長いようで短くあっという間の留学生活でした。留学して良かったなと思うことはさまざまな国籍の人に出会えてたくさんの思い出を作れたことです。ニュージーランドに着いて最初に一週間は不安でいっぱいでしたが、ホストファミリーをはじめ本当に優しくて楽しい人たちばかりだったので毎日が楽しかったです。ニュージーランドは比較的さまざまな国籍の人が住んでいるので差別がない国です。その中でも中国人が多いです。留学前に中国と韓国と領土問題があり心配していましたが、生徒も街の人も優しくて安心しました。私は特に中国人の友達が多かったので政治問題なく仲良くなれたことが嬉しかったです。またホストファミリーも本当の娘のように接してくださり感謝しています。日本に帰国した今でも連絡を取り合ったり、また会いに行きたいと思える家族や友達に出会えたことは本当に幸せです。また留学して辛かったことは言葉の壁です。自分の言いたいことが言えないこと辛かったです。特に感謝と気持ちと謝罪の気持ちを伝えるときに実感しました。日本語ならさまざまな表現方法があり、自分がどれだけ感謝しているか、反省しているか伝えることが出来ます。しかし英語ではThank you,Sorryを主に使うのでもう少し自分の気持ちを伝えられたらなと思うことが多々ありました。言葉で伝えられない分、表情やジェスチャーを使うので表現力は身についた気がします。半年は長いようで本当に短くあっという間でした。この留学を通して得られたものはたくさんあります。ニュージーランドの文化に触れ、自分の中で良い方向に変われたこともたくさんあります。留学は決して簡単に行けるものではありません。半年間行かせてくれた家族や日本で支えてくれた友達に感謝の気持ちでいっぱいです。今回の留学が無駄にならないように勉強はもちろん、何事にも積極的に参加していきたいです。

 

<後輩へのアドバイス>

留学前は不安になったり怖くなることがあります。しかし留学に行ってみれば悩んでいたことが嘘のように感じます。異文化に触れ家族やたくさんの友達に出会い、本当に充実した日々が送れます。そのためにも、恥ずかしがらず自分から積極的に行動することが大切です!いさまざまな人がいてカルチャーショックもありますが、自分の考え方を良い方向に変えてくれます。留学に行かなければ経験できないことや気づけないことがたくさんあります。迷っている人は是非海外に行ってみてください!