龍谷大学 国際学部国際文化学科 長期私費留学帰国レポート > オセアニアエリア > ワイカト大学 > 龍谷大学 国際文化学部留学帰国レポート (ニュージーランド ワイカト大学)

ワイカト大学留学帰国レポート

龍谷大学 国際文化学部留学帰国レポート (ニュージーランド ワイカト大学)

レポート作成M.T

 

<受講科目と授業>

1.Academic English  Level4 Level5

2.listening speaking

3.IELTS 1

4.General English advance

5.business English

1については、午前中4時間大学へ入りたい人がノートをとれるようになるリスニングスキルや、レポートを書けるようになる

ライティングスキル、文章を読めるようになるリーディングスキルをみに付けるものです。レベルは1から7と上がっていく感じ

です。日本人で留学する人はだいたいはじめ3か4レベルからスタートするそうです。4までは基本的なことですが、5から

はけっこう予習、復習をしないと厳しいです。2.3.5はそれぞれ午後2時間自分が受けたいものを選べる選択コースとなっ

ています。5は1とはちがい日常の英語スキルを上げるクラスです。5のAdvanceは一番上のクラスとなっています。

<住居と生活>

住居の種類 ホームステイ

生活費(1か月)ホームステイ代・・・8万円

食費・・・ 5000円 外食代として

交通費・・・6000円

雑費・・・4万円

上記は1NZ$60円で換算。留学先はニュージーランド。ニュージーランドは日本に比べるといなかなので遊ぶ場所はほとんどありません。

しかし自然がいっぱいなのでよくツアーに行きほとんどの出費が旅行費です。(雑費)ホームステイは3食ついていて、

ネット環境も整っています。毎日夕食中とその後が家族のコミュニケーションの時間だったのでそこでいっぱい話す機会がありました。

不便なのは交通面です。バスしかなくそのじかんも6時で終わってしまうのがほとんどでした。タクシーを使う機会が多かったです。

タクシー料金は日本のものとほとんど同じで安くはないです。

<留学を終えての感想>

私は過去に4度留学へ行っており、ニュージーランドは3度目でしたので不安とかカルチャーショックはなかったです。

ただ今回は英語スキルをできるだけ上げてやろうという意気込みでのぞんでいました。

なので大学にいるときは出来るだけ英語をしゃべり、外国人の友達とこみいったはなしをできるだけするようにこころがけ、

英語力向上へ勤めました。その結果いまでも連絡を取るような友達がたくさんできました。

今後、留学中授業をとっていたIELTS、TOEICのスコアをとり就職活動に役立てたいです。

 

<後輩へのアドバイス>

留学を大学中に行こうか迷っている人がいるなら行った方が良いと思います。

海外へ行くことで語学の向上はもちろんですけど異国の地に行くことで

他の文化、人種に出会うことで将来の視野が広がったり、自分がかなり成長すると思います。

これからの自分の将来を左右するものとなるでしょう。