ウーロンゴン大学留学帰国レポート

ウーロンゴン大学【2014年度前期帰国】

レポート作成M.S

私は2014年2月末~2014年8月半ばまでの半年間、ウーロンゴンに留学していました。

 

私は1回生の時から留学に興味があり、大学4年間の中でいつかは留学したいと思っていました。初めは2回生の後期に行こうと思っていたのですが、サークル活動が忙しかったため、断念しました。3回生になり、執行回生としてサークル活動がより忙しくなるとわかっていたのですが、4回生になると就職活動とかぶってしまうので、同回生のみんなには悪いと思いつつ、3回生の前期で半年間留学することにしました。8月の後半からはサークル活動を再開し、遅れを取り戻すために毎日大変です。

 

ウーロンゴンという街についてですが、どちらかというと田舎で、他の人から“オーストラリアのどこに留学したの?”と聞かれるのですが、聞く人全員ウーロンゴンと言う街を知りません。もちろん私も行く前は知りませんでした。しかし、シドニーから電車で約2時間・往復$11程なので、週末にシドニーに出掛けるということもできます。程よい田舎で、穏やか、そしてビーチがきれいなところです。

 

居住についてです。私は初め2ヶ月間をホームステイで過ごし、残り4ヶ月間を大学から徒歩5分の寮で過ごしました。やはり初めは不安なので、ホームステイで過ごしてよかったと思います。慣れてきて、私は自由に過ごした方が楽だ思ったので寮に移りました。手続きも全部自分でやりました。支払いのことで疑問に思うところがあったときは、お金関係だしこのまま放置していてはいけないと思い、勇気を出して質問をしに行きました。 寮は1人部屋でゆったり過ごしました。たまに寮の友達と一緒に寮内のビリヤードで遊んだり夕ご飯を食べたりしました。

 

授業についてです。私はGeneral English5の授業3回 Academic English3の授業1回やりました。General EnglishではSpeaking・ Listening・ Writingをやります。主にSpeakingがメインです。Academic EnglishではEssay,Sammary writingが加わります。6週間の授業の中で、最終日にあるエッセイ・サマリーテストのために、2つのトピックについての単語やreading,listening,writingを勉強していく感じです。このAcademic Englishの授業ではGeneral Englishのようなゆるさはなく大変でしたが、エッセイとサマリーの書き方も学べたし、それらを時間内にどうまとめて書くかなどの考える力もついた気がします。

 

最後に、行く前は本当にこの留学先でよかったかなとかいろいろと不安でしたが、結果良かったと思うし、どこに留学に行ってもいろんな出会いや新しい発見が必ずあると思います。なので、自分が行った留学先を楽しんで帰ってくれば、それでいいと思います。