ウーロンゴン大学留学帰国レポート

ウーロンゴン大学【2017年度前期帰国】私費

レポート作成U.Y

私は2017年2月末から同年8月末までの約6か月間、オーストラリアのウーロンゴンに留学をしました。留学をしたきっかけは、龍谷大学で約3年間過ごしてきた中、学んできたことはありましたが、それらは知識としてしか自身の中で存在しておらず、留学を通じて実践や体験してみたいと考えたからです。実際に留学を通じて、知識として持っていたことや新たな発見が見られたため、自身の人生にとって意義ある時間であったと思います。

 

私の留学先であるウーロンゴンは、海に面した土地で、自然が豊かな印象です。日本のように、ショッピングモールや遊び場がたくさん立地しているわけではありませんが、休日には、海に行って、それを眺めながら会話をしたり、芝生に横になったりすることや、公園でサッカーをしたりなど、日本に住んでいる時には経験することが少ない楽しみ方ができることは魅力に感じました。

 

大学付属の語学学校では、General EnglishとAcademic Skillsのコースで英語を学びました。私の印象だと、General Englishは英語の初級コースで、Academic Skillsは中級コースだと思いました。また、Academic Skillsは、ウーロンゴン大学に入学することを目指す人が英語を学んでいるため、学ぶ意識が高く、日本人があまり在籍していないため、私にとって英語を学ぶ環境として、素晴らしかったです。

大学の敷地内には、パソコンや書籍が充実した図書館や、体を鍛えることが出来るジム、落ち着いた雰囲気を持つカフェなどがあります。大学そのものが、授業終わりはもちろん、休日でも有意義な時間を過ごすことができる環境であると思いました。

 

最後に、私は4年の前期と、遅い時期に留学をしました。自身としては、その時期に留学をしたいと強く思ったので、後悔はしていません。いま留学をすることを迷っている人は、思い切って行動してみてください。その気持ちに正直にならず、先延ばしにすることで、チャンスを逃すことになり、後々後悔することはもったいないと思います。行動する勇気さえ持てば、後悔せず、楽しい時間が過ごせると思います。

 

IMG_0248 IMG_0268 IMG_0314