ドレクセル大学留学帰国レポート

帰国レポート

レポート作成N.A

学校生活は午前と午後に分かれているため午前の授業であれば午後は宿題やワークショップに参加可能で一日がとても充実していました。

授業は主に教科書やプリントにそって進められていましたがどの授業も、会話がメインとなっており英会話が毎日学べました。

休日には学校のプログラムで海に行ったり、遊園地に行ったり、各国の伝統料理を食べたりとても楽しい休日を過ごすことができ、他の国の文化などにも触れられてたのしかったです。

 

私は大学学区内にある寮のようなところに住んでいました。24時間体制のパトロールが学区内はあるので夜中でもコンビニなど1人で行くことも不安に思うことはありませんでした。徒歩1分にはコンビニもあり、10分程歩くと24時間営業の大型スーパーもあり、その前には映画館もあり便利でとても生活しやすかったです。

 

また寮は個人の部屋があり、共同のキッチンとトイレとお風呂がありました。大学生だけでなくその地域の病院に勤める医学生など学生以外の留学生やネイティブとの交流ももてとても充実していました。

 

留学をとおして感じたことはやはり国同士の文化や習慣の違いがおもしろいという事と、言語が違う人同士が英語で会話して、話が通じあった時の感動がより英語を話せるようになりたいという気にさせてくれるんだという事です。

 

文化や習慣の違いもぎこちない英語を使い理解してもらえるように話し、その文化に触れてみる事でよりその文化を学べたと思います。