ヨーク大学留学帰国レポート

ヨーク大学

レポート作成H.S

私は2013年3月から8月までの間、カナダにあるヨーク大学の語学学校YUELI(York University English Language Institute)へ留学しました。

<学校>

ヨーク大学の敷地内の一角YUELIがあり、そこで英語を学ぶ事ができます。コースは全部でlevel1~level6までありレベルにあった授業を受ける事ができます。クラスもコアクラスとセミナークラスがあり、コアクラスではlistening,reading,speaking,writingと万遍なく勉強し力を伸ばす事ができます。セミナークラスではいくつかのクラスがありその中から自分にあったクラスを自由に選ぶ事ができます。また、YUELIの生徒もヨーク大学を自由に使う事ができます。例えば、YORK大学にはさまざまなサークルがあり、YUELIの生徒も自由に参加することができる。私は日本語サークル(JISA)に参加し、みんな日本が大好きでとてもよくしてもらいました。その他にも、このサークルと他の学校が合同でするイベントなどにも呼んでもらうことができたため、学校以外の友達もできとてもよかったと思います。このような日本語サークルだけでなくスポーツなどのサークルもたくさんあるので自分の興味のあるサークルを探す事ができます。

 

<住居と費用>

一ヶ月

ホームステイ代 75000円

交通費 1万円(バス、地下鉄、路線の乗れる定期)

外食費1万円

娯楽5000円

衣服3000円

(1CA$=99円)

私はホームステイに住んでいましたが、ホームステイに住むべきだと思います。なぜなら、ホストファミリーと毎日日常会話をするだけでもとても英語の勉強に役立ち、またその国で暮らしている人の生活を身近で感じる事ができるからです。その他にもご飯を毎日作る必要がないため、その分を自分の時間に当てたり勉強する事ができるからです。ホームステイ以外でもシェアハウスをしている人がとても多く、物件も簡単に見つける事ができると思います。大学の近くにビレッジと呼ばれているところがあり、そこではたくさんの学生がシェアハウスをして住んでいました。また、メトロパスがとても便利でした。1ヶ月1万円と少し高いかなと感じるのですが、それだけでバス、電車などほとんどのものに乗れどこへでもいけるのでとても重宝しました。

留学全体の感想

留学に行く前日は自分が本当に行くのか実感がなく不安もあったけれど、いざカナダに着くとその心配も忘れるぐらい色々な違いに衝撃を受けました。まず、人種の違いです。日本ではほとんどが日本人で観光客だけが外人と言う感じだけど、カナダではアジア人、アフリカ人、アメリカ人カナダ人などさまざまな人種の人たちが一緒に生活をしていて、その中に自分も入って生活することにとてもわくわくしました。また、多くの人がとても豪快に見えました。しゃべっていても身振り手振りが大きく、笑うときも豪快に笑うのでとても生活が楽しそうでそこがとても好きでした。学校に通いだし最初の頃はリスニング面で少し苦労したけれど、それは時間がたつにつれてだいぶ聞き取れるようになりました。また最初のころはあまり会話ができずに友達もすくなく家族ともどうはなしていいか分かりませんでした。でも。家族も友達も私が一生懸命話すとちゃんと聞いてくれるのでとりあえず話そうとすることが大切なんだと言う事がわかりました。友達とは休みの日ごとに遊びに行ったりバーベキューをしたり遊園地に行ったりととても充実した日々を送ることができました。このように、少しつらい事などもあったけれど、それ以上に楽しいことがいっぱいで本当に留学に行ってよかったと思う事ができました。

<後輩へのアドバイス>

留学に行くというのは簡単なことではなく、気持ちの面や金銭面で色々と悩む事があると思います。しかし、その時に少しでも行きたいという気持ちがあるのなら行くべきだと思います。留学に行くことで様々な経験をする事ができ、それは1人1人違うと思いますが絶対に未来の自分のためになる経験をする事ができます。最初の頃はリスニングやスピーキングがあまりできず、少し悩むかもしれません。でも、めげずに友達やホストファミリーに話しかけたりしているうちに自然と耳が慣れ聞けるようになってきます。また、やりたい事があったら積極的に行動する事が大切だと思います。