ヨーク大学留学帰国レポート

ヨーク大学 【2016年度後期帰国】私費

レポート作成H.K

 

 

 

 

IMG_9303 IMG_9445 FullSizeRender

 

渡航前にいておいたほうがいいことは、リスニング力をつけること・単語の勉強をすることです。日本人はスピーキング・リスニングが欠点の人が多いと思います。スピーキングは練習することが難しいので、渡航前に洋画を字幕なしで見たり曲を聴いたりと簡単な事でもいいのでリスニングを少しでもやっておくべきだと思いました。またTOEICなどを受験し、留学後の成果が分かるようにするのもいいかもしれません。

渡航の時に持っていった方がいいものは、服です。人にもよりと思いますが、サイズが合わなかったり日本のブランドも買えなかったりし、もう少しもっていけばと後悔しました。子供のサイズを買うこともありました。またパソコンは授業や課題で使うので必需品です。持っていかなくてよいものは、日本のお菓子やカップヌードルです。トロントでは日本の調味料や食材は豊富に揃っているので。特に不便を感じなく日本食を作ることができます。また、友人たちも日本食が好きなので、日本食を食べに行くことが多かったです。特にラーメンやお寿司は日本にいてる時よりも食べていたと思います。ただお寿司の種類は少なく、日本とは違うものもありました。

お金については、日本で作ったクレジットカードを使用し、現金も日本の銀行から引き下ろしました。私の周りでは、TD Bankという会社のアカウントを作っている方が多かったです。

トロントの気候については、基本的に風が強い日が多かったですが、晴れの日も多かったです。去年の冬は長く4月でも雪が降った日もありました。今年の冬は想像以上に寒くなく、日本とあまり変わらなかったです。年によるので、寒さ対策は必要になると思います。また夏は、湿度が低いのですごく過ごしやすかったです。日差しが強い日が多いので、日焼け止めが必要です。

大学には本当にたくさんの人種の学生を見かけました。国別のファッションショーもありました。大学にはフードコードがあり、ファーストフードやタイ料理、イタリアン、インド料理、日本料理、カフェなど種類が豊富です。また本屋、銀行、スーパーもありました。大学周辺は治安が悪いと聞きました。

留学中は基本的に友人とご飯を作ったり、外食をしたりしました。トロントには、中東の料理やメキシコ料理など日本では珍しい料理も食べることができました。旅行については、NY2回・Montreal・Ottawa・Yellow knife・Philadelphiaなどに行きました。1回目のNYは長時間かけてバスでいきました。2回目は友人の運転で車でいき、バスでは訪れられなかった小さな都市にも行くことができました。Montreal・Ottawa・Philadelphiaも車で旅行しました。Yellow knifeはカルガリーで乗り換えて飛行機で行きました。

留学してよかったことは、大切な友人ができたことです。文化や母国語は違いますが、心から信頼できる友人に出会えました。その友人たちに学んだことも多くありました。またトロントには多くの人種の人々が共に生活をしていて、すごく刺激的でした。留学してつらかったことは、ほとんどありません。トロントのついた初日は友達もいなくなんもわからなかったので帰りたいとも思いましたが、その後は楽しいことばかりでした。帰りたいといっている友達もいましたが、楽しめるかどうかは楽しもうという自分の気持ち次第だと思います。留学を終えたましたが、留学先で出会った日本人の友人がすぐに英語力が落ちたと聞いたので、伸びた英語力が落ちないようになるべく英語の曲を聴いたり、現地のラジオを聴いたり、友人と電話をしたりしています。私は今年就活生になるので、英語を活かせるような仕事に就きたいと思っています。そのためにも就活をしながら、現在も英語に励んでいます。