ヨーク大学留学帰国レポート

ヨーク大学【2013年度前期帰国】

レポート作成N.R

〈授業〉
YUELIではレベルが1から6まで分かれており、最初のテストでクラスが分けられます。それから、授業やテストでの点数で進級出来るかどうかが決まります。授業の中ではWriting, Reading, Listening, Speakingの4つのパートを満遍なく勉強します。Readingでは、長文の解き方や読み解き方を勉強する。その中でSpeakingの勉強として、長文のトピックに沿ったディスカッションをします。Writingでは、最初は一つのパラグラフの書き方から教えてくれます。そのあと、エッセイの書き方を習います。順をおって教えてくれるので、とてもわかりやすいと思います。ただ、毎日宿題は多いです。一つのタームは短いですが、課題が多いことによって一つのタームが終わった後の達成感は凄いです。あと、セミナーというものがあり、それは週に二回あり、自分で受けたい授業が選ぶことが出来ます。その授業内容はそのターム毎に変わってくるので何があるとは言えませんが、例えば、Writingを強化するものや、楽しさ重視の映画を撮る授業などもあります。映画はもちろん自分達が演技して話を考えて、撮影します。大変ですが、楽しいです。こういった授業が8週間続き、中間テストと期末テストがあります。
〈生活〉
治安はとてもいいと思いました。ですが、一番辛かったのは寒かったことです。10ヶ月いたので、トロントの冬も体験しました。建物の中にいれば問題は無いのですが、一歩外に出ると極寒です。対策さえすれば、問題はないと思います。あと、私はホームステイでした。私のホストファミリーはあまり干渉しない人たちだったので毎日一緒にいるわけではありませでした。しかし、気さくに話しかけてくれたり、いろんな話をすることはできました。一番話した内容はやはり日本とはどんなところかということです。その質問が答えられるように準備しておけば会話も弾むと思います。
また、休日はいろんなところに出かけました。都市部に出るには一時間くらいかかるのですが、一時間もあればどこへでも行けます。だから、休日は出来るだけいろんなところに出かけることをお勧めします。
〈感想〉
留学を終えて、カナダに戻りたいという気持ちが日に日に増していくばかりです。それぐらい、カナダはすごくよい場所でした。出会う人も、環境も、学校も先生もカナダで出会ったもの全てが私にとっては最高の出会いでした。あれほど毎日学校に行きたいと思ったことはなかったです。もちろん、授業はハードです。課題もたくさんでます。寝る間も惜しんで課題に取り組むこともあります。ですが、それだけ、頑張れば頑張るほど自分の力は上がります。パワーアップしたい人にはすごくお勧めな場所だと思います。
アドバイスとしては、留学に行くと不安なことがたくさんあると思います。しかし、何事も恐れずに経験だと思ってまず取り組んでみてください。そうすることによっていろんな考え方が出来る様になったり、視野が開けたりします。外国に出ると何やっても許されるような気がします。あながち間違いではないと思います。とにかくいろんなことにチャレンジしてみて、メリハリつけて全力で頑張ったらいいと思います。友達はたくさん作るといいと思います。けど、すごく仲の良い友達、親友と呼べるような友達を作るのもいいと思います。私は親友と呼べる友達が出来ました。本当に友達には助けられました。今でも、よく連絡を取ります。そんな友達を見つけに行ってみてください。