ボンド大学留学帰国レポート

ボンド大学【2014年度前期帰国】

レポート作成K.T

オーストラリアなので日本と季節は真逆になりますが、冬でも日中は半袖で過ごす日々が多かったです。行った当初は外も暑くビーチにも行っていましたが、後半はビーチに行くのには、寒いぐらいでした。冬には一枚パーカーなど羽織れる物を常に持っていると便利だと思います。朝と晩は少し寒いくらいだと感じました。

オーストラリアは治安が良く、衛生面もしっかりしているので生活は問題無かったがですが、田舎の方になると、若い人がお酒を飲んで夜遅くまで騒いでいることがあるので、栄えているところよりは人気の少ない所の方が危険だと感じました。

大学は銀行、カフェ、食堂、ジムなどが揃っているのでとても設備が良かったです。休日一日を大学で過ごすこともありましたが、なんの不便もなく過ごせました。ただバスしか交通手段がないので、出かける時は少し不便ではありました。

食事は基本的に自炊で済ましていましたが、オーストラリアに来てから初めて料理をしたので、かなり手こずりました。また物価がとても高いので外食はたまにするぐらいでした。スーパーで買い物をするにしても一つ一つが高いので考えながら買い物をしていました。

留学を通して、多くの外国人の友達ができ、色々な文化を知ることが出来ました。英語はもちろんですが、今まで出来なかった経験がたくさん出来たので、留学をして本当に良かったと思います。辛かったことは、たくさんありました。ただそれも自分にとっては良い経験だったと今では思います。留学前と留学後の自分の考え方の違いは、今はまだあまり実感がありません。今後日本で生活して、徐々に気づけていけばいいなと思っています。

留学を終えて感じることは、今まで知らなかったことや経験したことのないことだらけだったので、本当にいい経験になったと思います。海外に旅行で行ったことはありましたが、住んだことの経験はありませんでした。その部分でも住んでみないと分からないことが多くあったと思うので良かったと思っています。

世界中の人と知り合い、色々な考え方があることを知り、日本では気づけなかったと思うことも多くあります。思い描いていた留学とは少し違い辛いこともありましたが、それも含めて今後の自分に活かしていきたいと思います。また機会があれば世界中を旅して、多くの経験、たくさんの人、文化に触れあっていきたいと思っています。留学は自分にとってプラスになることばかりだったと思います。