ボンド大学留学帰国レポート

ボンド大学【2014年度後期帰国】私費

レポート作成A.G

 私は9月7日~2月1日までオーストラリアのボンド大学付属語学学校へ留学していました。その語学学校はゴールドコーストに位置しています。ゴールドコーストは観光地の一つでもあり、綺麗な海、プール、ショッピングモールなど遊べる場所がたくさんありました。オーストラリアは移民の人がたくさんいて、その上語学学校にも他国籍の留学生がたくさんいました。

 私はEnglishGeneralCourseに所属し、月曜日から金曜日の朝8:30~15:00まで英語を勉強していました。そのコースはレベル2~6まであり入学日にテストを行い指定されたクラスに行きます。そこでは自分はまだ無理だと思ったら下げることもでき、クラス上がりたかったら先生に言って上げることもできますが大半の人は10週間に1回実施されるテストでクラスを上がりに行こうとします。ボンド大学は毎週水曜日BBQが行われたり、アクティビティで海に行ったり、山に行ったりもしました。

 施設に関してですが、ボンド大学にはレストラン、プール、図書館、スポーツジムなどの施設があります。これらを利用することはものすごく環境が良く、利用しやすく私も放課後ほぼ毎日利用していました。図書館もよく利用していました。そこでは学生がいっぱい来るのでたくさん喋ったりして楽しく過ごせる時もありました。

 私は全豪オープン見に行くために友達とメルボルンにも行きました。メルボルンはゴールドコーストと比べて建物や交通量が多かったです。人も多かったのですが中でも中国人が多かったと思います。そこで大阪と姉妹都市だと知り、たくさん建物も回れてそしてロッドレーバーアリーナでは錦織をはじめ有名なテニス選手も見れたのでよかったです。

 オーストラリアの気候なんですが、日本と季節が真逆で日本が12月でとても寒い時は、オーストラリアはとても暑いです。特に12月1月になるとオーストラリアは暑さがピークになり、紫外線がとても強いので日焼け止めとサングラスの準備をお勧めします。

 留学を終えて感じることは、今まで知らなかったことや経験したことのないことがたくさんあったので、本当にいい経験になりました。私は海外で住んだことはなかったのでその部分でも住んでみないと分からないことが多くあったので良かったと思っています。

現地の人や外国人留学生の人と知り合い、色々な考え方があることを知り、日本と違うことも知れたりしてよかったです。また海外に行く機会があれば世界中を旅して、多くの経験、たくさんの人、文化に触れいたいと思います。

IMG_32899 gen' 021IMG_3736