ボンド大学留学帰国レポート

ボンド大学【2017年度前期帰国】私費

レポート作成N.T

留学を終えて

留学前に確認することは、渡航前にはしっかりと書類関係を確認しておき、フライト、学校、宿泊先を早めに決めておくことです。他にはカード、お金関係についてどうするかです。Wifiを借りるのか、携帯を借りてデザリングにするのかの確認することです。変圧器、薬、少しパーティーなどで着ることができる服装。大学内に自由に使えるパソコンがあるので持っていかなくても大丈夫です。しかしすべて英語などで日本語の課題はできないです。カードはグローバルカードとキャッシュパスポートを使っていました。VISAとMASTERCARDなので使えるところは限られてくるのですが、オーストラリアは基本的に使えるところが多かったので便利でした。あとはクレジットカードで支払いをしていました。気候は一年中あったかいので、冬でも日中は半袖半ズボンで過ごせる気候です。雨もなくビーチも近いので海に入れば気持ちいいです。大学自体は広くて施設もきれいでした。ジムも早くから開いており、夜は遅くまで使えて、図書室も24時間使えるのでとても便利です。治安もよく人も親切でした。食はファストフードばかりでボリュームはすごかったです。ホームスティのマザーの料理はおいしかったが、ラグビー部としては量が少なかったです。魚料理か肉料理とサラダがワンプレーとにのせられての晩御飯でした。旅行は気軽に行けるが、大きい休みがないのでなかなかいけないと思います。
留学してよかったことは積極性が増したことです。また、仕事を決める際の視野が広がりました。これから就活が始まるので選択肢が増えてよかったです。辛かったことはないが、あるとすれば留学前の準備です。エージェントと知り合いに聞いてやっていたがうまいこといかないことが多く、ぎりぎりになることが多かったです。考え方などが日本人のようにきっちりしていないので、何もかもが楽に思えました。仕事の時間や終わる時間はきっちりしています。裸足でいろんなところに行っているのは驚きました。電車の中、バスの中、ショッピングセンターの中など裸足移動が普通だったので驚きました。留学を終えて、この経験は本当によかったと思います。行きたいと思うことは何回でもできるがいざ行くという気持ちにはならないので、迷っている人がいるなら行くべきだといいたいです。まだ五ヶ月という期間は短いなと思いました。感じたことは、一ヶ月や何週間の留学は本当に無駄だと思います。理由としては一ヵ月で英語能力を伸びないし、理解しないまま終わってしまうからです。今は向こうでできた友達と連絡を取りながら英語を学び国際的な仕事に就きたいと思っています。もしオーストラリアに行きたいと思う人がいるならば、ボンド大学をオススメします。