ボンド大学留学帰国レポート

ボンド大学【2019年度後期帰国】私費

レポート作成T.M

オーストラリアのゴールドコーストに9月〜3月末の間行っていました。

その時期向こうは夏でしたが、日本の夏のムシムシさはなくとても過ごしやすかったです。

[服について]

好きな服や靴を持っていけるだけ持っていきましたが、実際その全てを着たわけではなく、Tシャツにズボン、スニーカーかビーサンといった軽装の毎日だったのでもっと選別すべきだったと思いました。靴も、とりあえずはスニーカー1.2足持って行けば限地調達できるので問題無いと思います。夏で外は暑いですが、教室は肌寒かったので羽織るものを何枚か持っていっていて正解でした。

[化粧品やスキンケア用品について]

化粧品やスキンケアのストックをいくつか持って行ってましたが、実際向こうに行くとオーストラリアブランドの物を試したくなって、結局ストックを使い切ることなく帰国しました。なので私の場合はストックを持っていく必要はなかったと感じました。

[ホームステイ、シェアハウスについて]

初めの4ヶ月間ホームステイ、その後2ヶ月はシェアにしました。ホームステイはホームステイで良い経験になりましたが、シェアハウスは友達と楽しく過ごせてとても良かったです。

[お金について]

カード払いが主流なので、使い過ぎに注意するために家計簿をつけていました。お金の使い方を意識できて良かったです。物価については高いと聞いていましたが、そんなこともないなという印象でした。ちなみに、シェアに変えてからは自炊になりましたが、三食付きのホームステイの家賃と比べると支出はかなり減りました。

とても刺激的で、濃い半年間でした。またいつかもう一度留学かワーホリで海外に行きたいです。