ボンド大学留学帰国レポート

ボンド大学

レポート作成K.R

はじめに、留学を振り返って一番強く感じたことは留学をして本当によかったということ。大学入学時から留学を考えていて二年の後期がベストな時期だと聞いていたので二年の後期に行くことを決めた。なぜオーストラリアを選んだかはただ単に暖かい気候が好きで海が好きだからだ。

留学前の手続きははっきり言ってめんどくさかったし大変だったけど、その大変なことも自分でやり遂げてよかったと思う。出発当日は期待より不安ばかりで行くのが少し嫌だったが、ホームステイに着くとやるしかないという気になり、不安も消えていった。

学校が始まりクラスが分かれ、新鮮なことばかりではじめの一か月はあっという間に過ぎていった。バスの乗り方、家に土足で上がるなど日本と異なる点に戸惑うこともあったが、友達もでき、ホームステイのお父さんとも良い関係を築き毎日楽しく過ごせていた。

私がいたゴールドコーストはとにかくどこに行っても海って感じの町で週末には海に行き、サーフィンをしたり、日光浴をしたりと私にとって最高の週末を過ごせていた。しかし、学校の授業では外国人の性格や、英語を喋る姿勢に圧倒され、悩んだ時期もあった。そこで一番頑張り、一番成長できた。

私が留学で一番好きだった行事が週末や、誰かの誕生日にするBBQだ。友達同士でするBBQはすごく楽しく、また海辺でやるので最高だった。ここで外国人の友達と会話できるので英語の勉強になった。机に向かい勉強するのももちろん大事だが、会話したり、楽しむことはオーストラリアでしかできないことなのでたくさんできてよかった。

海外で半年過ごし、たくさんの人と出会い、いろんなことを感じ日本ではできないことをたくさん経験でき、自分の一生の財産になった。これからの人生にこの経験を生かしていこうと思う。