ボンド大学留学帰国レポート

ボンド大学

レポート作成K.A

私はボンド大学付属語学学校に6ヶ月留学しました。語学学校はとても閑静な場所に位置していたので、落ち着いた環境の中で勉強することができました。たくさんの日本人がいましたが、ブラジル人もとても多かったです。他にも、フランス、スペイン、中国、韓国、サウジアラビア、チリ、コロンビア、スロバキア、ロシアなど世界中から留学生が来ていました。これはボンド大学の一つの魅力だと思います。彼らは本当にいつも明るく陽気で一緒に過ごしていてとても元気をもらえました。

しかし、留学生活は楽しいことばかりではなく、大変なこともたくさんありました。初めての海外ということで不安いっぱいでしたし、留学当初は皆が何を言っているのか聞き取ることがなかなか出来ずとても苦労しました。時には英語を使うのが嫌になったこともあります。そんな時助けてくれたのが日本の友達はもちろんですが、語学学校の友達です。私はこの留学で本当にたくさんの素晴らしい友達ができました。文化や言葉が違っても、一緒に毎日英語を勉強して週末遊んでかけがえのない思い出を作ることができました。

特に私は韓国人の女の子ととても仲良くなり、将来の夢や英語に関する悩み、お互いの国での生活など深い話をしたり買い物をしたり泊まったりビーチに行ったりしました。親友と呼べる存在になり、今でもほぼ毎日連絡をとっており今年の夏には韓国に会いに行くつもりです。また、留学をゴールと考えずに何かに活かしたかったのと、生活留学をきっかけに私はやはり英語や海外が大好きだと再確認したこともあり、留学中に龍谷大学の寮チューターに応募しました。採用をいただき、今は留学生と一緒に寮で生活しています。

留学生はあまり日本語が得意ではないので、帰国してからもほぼ毎日英語を使って会話しています。留学で身につけた英語を実際に使うことが出来てとても良い環境だと思います。みなさんも留学することをゴールと考えずに、この留学をこれからどう活かしていけるのか考えてほしいなと思います。そして、有意義な留学生活を送ってください。応援しています!