カンタベリー大学留学帰国レポート

カンタベリー大学【2016年度後期帰国】私費

レポート作成T.Y

渡航前にしておいたほうがいいことは、自分が行く国についての下調べです。パソコンやカメラの充電器など、持っていく電化製品が現地で使えるかを確認しておくと安心だと思います。また、現地で電化製品を購入する場合でも、日本で購入して持って行ったほうが安い場合もあるので、できれば現地での相場をあらかじめ調べて検討するのが良いかと思います。特に携帯は日本でSIMフリーのものを購入して持って行ったり、今使っているものをSIMフリーにしてから持って行くのが便利でお得だと思います。

渡航の際に持って行ったほうがいいものは常備薬です。ニュージーランドにはアジアや日本からの移民が多く、たいていの日本食は手に入るので食品を日本から持ち込む必要はないですが、薬だけはいつも日本で使っているものを見つけることが難しいので多めに持っていくべきだと思います。また持って行かなくて良いと感じたのは服や文房具などの日用品です。こだわりがなければ、スーパーなどで安く手に入るので、服や下着は現地で買っても良いかと思います。

 留学先でのお金の支払いには、主にクレジットカードを利用していました。現金も少しは両替していましたが、ほとんどのお店でクレジットカードが使えるので、友達と割り勘にするとき以外はほとんどカードで支払っていました。4か月半の滞在だったので、銀行口座はつくりませんでしたが、長く滞在する人は口座を作れば日本からの送金も簡単にできるので便利だと思います。

ニュージーランドに到着したときはとても寒く、11月の終わり頃まで春特有の不安定な気候と寒さが続きました。またニュージーランドは緯度が高いため、夏になると21時頃まで明るく、22時頃に一気に暗くなるのが印象的でした。

私の通っていた語学学校は職員も教師も皆とてもフレンドリーで、安心して勉強することができました。日本人の生徒が多くいましたが、私は気になりませんでした。校舎は新設された校舎だったこともあり、とても綺麗でした。無料のWifiが使えますが場所によっては接続が悪い所もあり少し不便に感じました。大学周辺は住宅地なので落ち着いた雰囲気で、危険な目に遭うことはありませんでした。一度大学近くでニュースになるような事件があったようですが、治安は日本と変わらないと思います。

留学中の食事は朝と夜はホームステイ先の家族が用意してくれました。朝はトーストかシリアルを食べて、夜はホストマザーが作ってくれる料理を食べていました。昼食は自分でサンドイッチを作って持って行ったり、カフェテリアで買って食べたりしていました。

留学中はたくさん旅行に行きましたが、安い長距離バスを利用したため出費は抑えられたと思います。学校指定のガイドが主催するツアーもありますが、個人で手配していったほうが安いです。

留学することを決めてから留学先の生活に慣れるまでは不安でいっぱいでしたが、今は本当に留学してよかったと思っています。日本にいては経験できない事や、見れない景色、友人に出会うことができたのはこれからの私の宝物です。

今回は約4か月の留学だったので、次はもう少し長く留学できればと思います。IMG_7986