ダブリンシティ大学留学帰国レポート

ダブリンシティ大学【2015年度後期帰国】私費

レポート作成H.H

IMG_3409IMG_2961IMG_2888IMG_3130IMG_3047IMG_3781

 

留学帰国報告書

 

住宅について

私はシェアハウスに住みたかったので最初の頃から探していましたが、なかなか難しいので希望する方は早めに探し始めると良いと思います。最初は英語で契約するのはむずかしいので、トラブルを避けるためにも友人に手伝ってもらうのが得策です。また、ホームステイの方は、自分が合わないと思ったら家を早めに変えてもらうことをお勧めします。私は大丈夫でしたが、合わない家庭にいることはストレスとなり、勉学にも影響します。無理はしないほうが良いでしょう。

    
                                             
                                             
留学先の治安・衛生状況

アイルランドの治安はかなり良いです。私はヨーロッパの他の国にも行きましたが、比べるまでもないくらいです。夜は友人たちとよく外出していましたが、特にトラブルに巻き込まれることもありませんでした。しかし、防犯は大切です。慣れてきて気を抜くと盗難にあう確率は高いです。アジア人は狙われやすい傾向にあるので、観光地、人の多いところ、街中などは注意してください。衛生面は特に問題はないですが、トイレの水が流れにくかったり、シャワーが出にくかったりと、水回りのちょっとした問題がありました。

 

 

龍谷大学の留学制度についての意見・提案など

他の大学の人の話を聞くと、単位がもらえなかったりすることが多かったので、龍谷大学の留学制度は素晴らしいと思いました。行動も制限されることは特にないので、留学を満喫し、勉学にもとても集中できたと思います。

 


受講した授業内容について
ジェネラルイングリッシュコース

授業内容
私が受講していたクラスは一般英語なので、グラマー、ライティング、リーディング、スピーキング、リスニングと全てバランスよくしました。教科書が大体4か月弱程で一周するので、その前に上のクラスに上がることをお勧めします。私はそのテストに二回目で合格し、当初より目標にしていた上のクラスに上がることができました。先生たちはとても優しく、使う教材や資料も面白いので、集中して英語に取り組むことができました。そして何より、外国人の友人がたくさんできることがとても楽しいポイントです。スピーキングが多めのクラスでは海外の英語教育がどれだけ高等か思い知らされることも多々ありましたが、英語が上手な友人と話すことはとても有意義で楽しかったです。


留学を終えての感想

基本的な準備は私自身最低限のものしかしていませんでしたが、なんとかなりました。向こうで大抵のものは揃えることができます。アジアンマーケットもありますので、日本食を作ることも可能です。服や靴は雨に強いものがいいと思います。特に後期出発の方であれば、アイルランドの冬は雨ばかりなので必需品です。風が強いので傘をさしている人はあまりいません。私は折り畳み傘を常備していましたが、3本買い変えました。現地の人はフード付きの防水ジャケットなどを着ていることが多いです。アイルランドに行くうえで一番厄介なことは天気だと思います。持ち物は防水にしておくのが得策です。PCは持参した方がいいと思います。携帯のバックアップもこまめに取っておくといざというとき困りません。実際に私は携帯が破損し不便な思いをしました。備えあれば患いなしです。その他、難しいと思ったことはオフィスや滞在期間の長いクラスメイトに聞けば乗り切れます。最初の頃はなにかと手続きがありややこしいですが、それはとても大事なことです。頑張ってください。
それから、アイルランドに滞在するメリットは、ヨーロッパ内での航空券の安さでもあると思います。実際私は沢山旅行に行きました。ヨーロッパ各国の文化に触れたかったからです。とてもいい経験になりました。日本からでは想像もつかないような安値で行けるので、是非旅行に行ってみて下さい。勿論トラブルには注意が必要です。
最後に、感想は楽しかったに限ります。留学はとても貴重な経験です。私は行かせてくれた親に心から感謝しています。初めて海外に長期滞在したので、初めの頃は不安で仕方ありませんでしたが、すぐに楽しめるようになりました。一番大切なことは、学ぶことを楽しもうとする気持ちと、ほんの少しの勇気だと思います。自分から進んで外国人に話しかけるというのは実は結構勇気がいります。しかし一度会話をかわしてしまうととても楽しく思います。私はヨーロッパでしたが、みんなとても優しいです。日本人は間違うことを恐れて億劫になってしまう節があります、私も最初はそうでした。ですが心配ありません。少しくらいのミスなど向こうは気にしませんし、通じます。ネイティブの方は、日本で習うようなきっちりとした英語を話さない方も沢山います。日々学習の連続です。それに、間違ったことをネイティブの方に指摘していただけるのはすごく勉強になります。その楽しさに気付いたら、英語を勉強することが一段と楽しくなります。私の場合はそうでした。生まれた場所も育った環境も全く違うのに英語というものを通して異文化と触れ合えるということに感動を覚えました。これから留学に行かれる皆さんにも是非その感動を味わって欲しいです。そのために、人見知りという言葉は捨ててください。勇気を出してください。そうすればきっと素晴らしい経験ができます。実りあるものになるよう願っています。